ダイバージョナルセラピーワーカー養成講座


 「ダイバージョナルセラピーワーカー」 第13期養成講座
 2017年2月18日(土)より東京開催は終了しました。

   次回開催は2018年2月 大阪にて開講予定!

<2017年 第13期養成講座日程と会場>
    2月18日  開講式・第1日 日本大学理工学部 駿河台校舎 第7号館 731教室
      19日  第2日         同上
    3月18日  第3日      お茶の水セントヒルズ ホテル
      19日  第4日      本郷 順天堂大学 国際教養学部 第2教育棟4階 401・402教室
    4月22日  第5日         同上
      23日  第6日         同上
    5月13日  第7日      佐倉市 ユーカリ優都苑 
      14日  第8日         同上  


第13期DTW養成講座
案内パンフ、受講要綱≪東京≫



養成講座カリキュラム、日程表はこちら
  ← 変更になっています!!


   受講生の方へ
     ふりかえり提出フォームはこちら。

今、求められる「ダイバージョナルセラピーワーカー」養成へ!

ダイバージョナルセラピー(DT)は、オーストラリアで40数年の実績をもつ“レジャー&ライフスタイル”を援助促進する専門職で、オーストラリアDT協会(DTA)は、医師会、看護協会、PT協会、OT協会、ST協会、アルツハイマー協会等とともにNational Aged Care Alliance(全国高齢者ケア連盟)に加盟しています。日本ダイバージョナルセラピー協会は、日本の生活文化に根差したダイバージョナルセラピーの実践者の育成を目指して2008年に第1期DTW養成講座をスタートしました。2013年11月現在で229人のDTワーカーが高齢者施設、病院、リハビリテーション分野、地域・在宅ケア、教育機関など多様な分野でDT活躍にチャレンジしています。オーストラリアではDTの対象は各世代に広がっており、高齢者ケアだけでなく精神科、緩和ケア、リハビリテーション、チャイルドケア等においても重要な役割を担うようになってきました。日本の介護・看護・リハビリテーションの現場でも、一人一人にとって“意味のあるレジャー”のQOLにもたらす影響に目が向けられ、その専門分野としてダイバージョナルセラピーへの期待が高まっています。日本ダイバージョナルセラピー協会(DTAJ)は、オーストラリアDT協会(DTA)の強力なパートナーシップを得て、これからも日本におけるダイバージョナルセラピーの普及と実践者養成に努めてまいります。


≪ご参考≫

第7期養成講座(2013年2月〜)の実施内容。 (←実施済)

下記はカリキュラムの内容です。

開講日程:2013年2月16・17日、3月16・17日、4月20・21日、5月25・26日
      8日間/48時間(いずれも土日)
■認定試験:6月に実施。
■会  場:順天堂大学医学部10号館 東京都文京区本郷2丁目1-1
      中央大学駿河台記念館 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
      介護老人保健施設ユーカリ優都苑 千葉県佐倉市青菅1010-15

第7期DTワーカー養成講座(東京)講義スケジュール(2013年2月〜5月)

月 日   テーマ備考
2月16日(土)AM開講式
オリエンテーション
 
PM ダイバージョナルセラピーとは(DT原論と概論) 
ヘルスプロモーション〜生涯健康・健康社会づくり〜 
2月17日(日)AMダイバージョナルセラピーにおける福祉マインド実践論 
PMダイバージョナルセラピーの実践とレジャー&ライフスタイル 
3月16日(土)AM認知症や特別なニーズをもつ人への配慮と工夫 
PM高齢者のライフスタイルとスリープマネジメント 
3月17日(日)AM高齢者の心と行動 
PM認知症への理解〜脳科学の視点で〜 
4月20日(土)AMダイバージョナルセラピーのプログラム演習 
PMコミュニケーションの理論と多様な実践 
4月21日(日)AM ダイバージョナルセラピーのプロセス演習
高齢者の生活文化と社会的背景
 
PMダイバージョナルセラピー実践への演習(ロールプレイング) 
5月25日(土)AMダイバージョナルセラピープログラムの実際 
PMDTW事例発表
DTW講座まとめ
5月26日(日)終日受講者によるプレゼンテーション 

※最新の講義日程、場所等について詳しくは日本DT協会事務局までお問い合わせください。

第1期では、講座のフィナーレに、講師、受講生全員による懇親パーティを開催。
受講生有志が実行委員会となって、選んだ テーマは“DTは人生の魔法使い”。
思い思いの仮装に夢を託しました。

お問合せ:日本ダイバージョナルセラピー協会 〒530-0037 大阪市北区松ヶ枝町6-17-702
     電話 06-6358-0772 もしくはお問合せフォームにて
主  催:NPO法人日本ダイバージョナルセラピー協会
後  援:オーストラリア大使館/オーストラリア・ダイバージョナルセラピー協会

「DTワーカー」認定までのプロセス

■受講時間

 午前10時〜午後6時
 授業は1コマ90分×32コマ=48時間
 (日曜日は午前9時30分〜午後5時30分となります)

■募集人数

 定員30名

■受講料

 日本DT協会会員=80,000円
 (正会員及び法人会員/協力会員は3,000円プラス)
 会員でない方:100,000円
 (会員入会は随時受け付けております。)

■修了証

 DTワーカー認定コースの全講義を受講された方には「修了証」を授与します。
 講義を欠席した方は、3年以内に補完受講(無料)された段階で「修了証」を授与します。

■認定試験と認定

 「修了証」を取得された方で認定を希望される方に対し、認定試験(面接と小論文審査)を実施します。
受験料は無料。
日程は6月に予定しております。
合格者は「ダイバージョナルセラピーワーカー」として日豪のDT協会が協同認定し、「認定証」を授与、認定カードを発行します。認定者は日本DT協会個人正会員として登録していただきます。

■認定科

 5,000円

■更新について

 更新料5,000円 3年ごとの更新となります。
初回は3年以内に1度以上、以降は5年間に2回以上、本協会の主催または後援、推薦する研修、講演会、DTW講習会等に参加することと、更新時まで正会員であることを条件とします。

DTW資料請求

「ダイバージョナルセラピーワーカー(DTW)」養成講座についての
資料請求及びお申込み→